パデシオン御池西ノ京グラン

MENU
クオリティ

オーナーの安全と安心を追求した、
パデシオン思想

耐震構造

基礎・壁・柱

杭基礎

ボーリング調査で確認した地下の支持層に向けて杭基礎とし、建物荷重をしっかりと支え、不同沈下などを防ぎます。

外壁

内側には断熱材を20mm設けて、外気の熱など外部環境の影響を受けにくい構造としました。

柱・梁

マンションの柱は鉄筋コンクリート造が一般的です。このような柱では、縦に伸びた鉄筋(主筋)を囲むように水平方向に「帯筋」と呼ばれる鉄筋が巻き付けられます。これらがコンクリートの拘束性を高め、地震時に受ける力に対して強い柱を作ります。

戸境壁

コンクリートの厚さを180mm以上を基本とし、隣住戸へ生活音が漏れにくいよう配慮しました。また鉄筋は縦・横ともに2列に組み上げたダブル配筋に。シングル配筋に比べ、より優れた構造強度と耐久性を確保しています。

優れたコンクリート品質

コンクリートの中性化を遅らせ、鉄筋を守る
「かぶり厚」規定

かぶり厚とは、鉄筋を覆うコンクリートの厚み。元々アルカリ性のコンクリートは空気中の炭酸ガスの影響で徐々に中性化し、その進行が内部に達すると鉄筋の腐食が始まります。つまり、コンクリートは厚いほど中性化しにくく、長く内部の鉄筋を守り続けることが可能。睦備建設は、品質確保促進法にもとづく住宅性能表示制度の、劣化等級3(注1)の基準に沿った「かぶり厚」を設けています。

注1 劣化等級(構造躯体等) 劣化等級3 : 通常想定される自然条件及び維持管理の条件の下で3世代(おおむね75?90年)まで、構造躯体等に関わる大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策が講じられている。

水セメント比50%以下、単位水量185kg/㎡以下

主要な構造部のコンクリートは、水セメント比を50%以下に設定しています。水セメント比が小さいほど乾燥収縮が小さく、ひび割れなどが起こりにくい仕上がりとなり、耐震性・耐久性・安全性を高めます。

鉄筋をしっかり守る、こだわりのコンクリート品質

躯体を構成するとともに鉄筋を守るコンクリートの品質は、建物の寿命を左右する大切な要素。耐久性を考慮したコンクリートを使用しています。

コンクリート耐久設計基準27~30N/m㎡

「パデシオン御池西ノ京グラン」で使用しているコンクリートは、1㎡で約2,700トン~3,000トンの圧力に耐えられる強度、27~30N/m㎡のコンクリート強度を、設計基準強度としています。

住宅性能表示制度&住宅瑕疵担保保険

「安心を提供する証」
失敗しないマンション選びは「住宅性能評価書」の確認

「パデシオンシリーズ」は国の指定する第三者評価機関に対する「住宅性能評価書」付マンションです。

品確法の住宅性能表示制度は、国土交通省が指定した評価機関が、建物をチェックし評価するもの。睦備建設ではこの制度に基づき住宅性能の等級を記載した「設計住宅性能評価書」「建設住宅性能評価書」をお渡しします。

万一のときも安心。
住宅瑕疵担保保険「JIOわが家の保険」加入予定

商品のしくみ
この保険は保険期間中に住宅事業者の瑕疵担保責任の対象となる瑕疵が発生した場合、事業者が修補等にかかった費用をJIOが事業者にお支払いするものです。万が一事業者の倒産等により相当の期間が経過してもなお、修補等の瑕疵担保責任が実行されない(以下「倒産等」といいます。)場合は住宅取得者がJIOへ直接保険金の請求をすることができます。

遮音性能

階下住居への音を軽減する「床スラブ厚」

上下階の間にある界床スラブ厚(コンクリートの厚み)で重量衝撃音(注1)を低減し、床に物を落としたときなどに発生する軽量衝撃音(注2)についても、日本建築学会で「遮音性能上、好ましい」とされるΔLL(Ⅰ)-4等級(注3)の床仕上材を選定し、使用しています。

注1 重量衝撃音
子どもが飛び跳ねた時発生する音や、ドスドス響く大人の足音、重たいバッグを床に放り出した時の音など、階下に「ドシン」と響く音のこと。床スラブを厚くすることで低減されます。
注2 軽量衝撃音
椅子を動かした時の音や、スリッパで歩いた時のパタパタという音、スプーンなどを床に落とした時のコツンという音。床の構造や床材表面の仕上げによって低減されます。
注3 ΔLL(Ⅰ)-4等級
LLは、床への軽量衝撃音が階下に伝わるレベルを示す数値で、小さくなるほど音が伝わりにくいことを示すもの。パデシオンシリーズでは、メーカー表示で「ΔLL(Ⅰ)-4等級」の床仕上材を採用しています。

全住戸にT-2等級の防音サッシを採用

外部からの音の侵入を考慮して、遮音等級T-2相当の遮音性の高い防音サッシを開口部に採用しました。外部からの音を約30dB軽減します。

※右記のイラストはイメージです。
実際の部屋にはサッシ以外の部分からも音が伝わるため、数値通りの効果は得られません。
※音の感じ方には個人差があり、絶対的な判断は致しかねます。

隣戸間の音を遮る「戸境壁」180mm以上

隣戸間の音の行き来を遮断する壁は、日本建築学会で「遮音性能上好ましい」とされる界壁厚(コンクリートの厚み)180mm以上を基本に設定し、遮音性を高めています。

排水管の騒音を低減する仕様

キッチンやお風呂、トイレで流した水の流れる音は、排水竪管を通じて階下にも伝わります。そこで、居室に面するパイプスペースの壁はプラスターボードを2枚にして騒音を低減しています。

センターオープンサッシ(※一部住戸除く)

「パデシオン御池西ノ京グラン」が採用したセンターオープンサッシは開口部の中央から開けられる窓。リビング・ダイニングとバルコニーをより一体的な空間にすることで眺望の広がりがさらに身近に感じられます。リビング・ダイニングのバルコニー側窓(一部住戸除く)に採用しています。

ワイドスパン設計

採光や通風が優れているだけでなく、廊下の面積を最小限にして、室内や収納を広く確保できるワイドスパン設計を採用。デッドスペースを作らず、空間を効率よく使うことができます。

断熱性能

断熱材をプラスした多層構造

外壁のコンクリートとプラスターボードの間に20mmの断熱材(発泡ウレタン)をプラス。外気の熱や寒さといった外部環境の影響を受けにくい構造としました。

冷暖房効率を高めるペアガラス

リビング・ダイニング及び全居室の窓には断熱効果の高いペアガラスを採用。外気温の影響を受けにくいため、冷暖房効率が高く、省エネ効果が期待できます。また、寒い季節の結露発生も抑えられます。2枚の板ガラスの間に乾燥した空気を封入した中空層を設けることで外部環境の影響を受けにくい構造としました。

5回以上の現場検査と、アフターサービスによる安心。